Home > 薬歴管理

薬歴管理

薬剤師には、調剤だけでなく、いろいろな仕事があります。薬歴管理もその一つです。薬歴管理とは、薬剤師が記入するカルテのような情報管理の仕事です。患者さんに薬のアレルギーはないか、いつ、どの医療機関からの依頼でどのような薬を調剤しているか、出された薬の使い方や飲み方を患者さんはきちんと把握しているかな、薬について患者さんに指導したのはいつか、などの情報が書かれています。調剤薬局の薬剤師の役割としては、かかりつけ薬局として、患者さんがかかっている担当医師が気づかないところをチェックすることにあります。

例えば、薬剤師のチェックによって、似ている成分のお薬の重複を防いだり、飲み合わせのよくない薬の服用を防いだりできるわけです。

調剤薬局はただ、調剤を行えばいいわけではありません。薬剤師の専門知識を生かし、患者さんはもちろん、医師にとっても有益ちなる環境を築かなければなりません。

こういった観点から薬歴管理はとても大切なのです。。