Home > 注射薬供給業務

注射薬供給業務

不景気といわれる時代でも、資格があると就職や転職には断然有利です。特に薬剤師の働く場所は病院・医院、処方箋薬局、ドラッグストア、行政などいろいろあるといえます。

中でも病院薬剤師は、主に入院患者のための調剤を行うのが主な業務です。そして病院薬剤師の業務の中に注射薬供給業務があります。

注射薬は強い効果を持つものが多く、また血管内に直接投与する薬なので取り扱いには最新の注意が必要とされます。また病状の急性期に用いるケースでは患者さんの状態に応じて調剤内容が細かく変動する可能性も高い薬です。

注射薬供給業務では注射処方箋にしたがって薬剤師が注射薬をそろえたり混合したりします。病院内でも医薬分業が進んでいるのです。また、無菌的な注射薬の調整も注射薬供給業務のひとつにあたります。

病院では、医師や看護師と比べても薬剤師の数は少ないので薬剤師ひとりあたりの患者数は多くなり業務も注射薬供給業務を含めて多岐にわたるのが一般的です。