Home > リスクマネジメント

リスクマネジメント

薬剤師の業務は、薬剤に対する知識で人々の健康的な生活に貢献することで、その持つべき役割の範囲は広いということが出来ます。その一つとしては、リスクマネジメントの仕事があります。

例えば、薬局やドラッグストア等で薬を購入しようとする人が訪れたりした場合に相談を受けるケースがあります。薬を処方しようとする人によっては、アレルギーを持っている方も居たりしますので、そういった事実を告知されたら適切なアドバイスを行うことが出来ます。

また店の棚に薬効成分が強すぎると薬剤師が判断して、それを別の棚に振り分けておいて、具体的に購入した人にはその用法のアドバイスを積極的に展開することが出来ます。確かに薬の持つ成分の恐ろしさについては購入者の命に関わるケースもあり、薬害もあるためそういったリスクに対してのマネジメントを行うことが重要となります。

最近は政府の規制緩和の流れもありますので、医薬品の販売がネット上で行うことが出来る点がありますが、薬剤師の業務自体としてのリスクマネジメントの必要性には変わりがないと考えられます。