Home > 薬剤師が関わることのできる研究とは

薬剤師が関わることのできる研究とは

薬剤師の仕事というと、薬局で処方箋の薬を調剤することや、ドラッグストアのカウンター、病院の薬剤室での仕事などをイメージする方が多いでしょう。
しかし、実際に、薬剤師の資格をもっている人は、様々な場所で働いており、研究の仕事もその一つに挙げられます。

研究の仕事には、製薬会社での新薬の開発以外にも、大学などで、生物や有機化学などの基礎研究に携わる薬剤師も多くいます。中には、薬剤師として現場で働き、夜間や休日に社会人ドクターとして大学で実験を行う人もいます。

患者さんの声に耳を傾け、薬が実際に使われている現場をしっかりと見ることで、その経験を活かした研究を行うことができ、やりがいを感じることも多くなることでしょう。
また、薬や動物を対象にするのではなく、実際の患者さんの症例やデータを統計学的に分析し、検討していくことも、重要な研究の一つです。
カルテのデータを分析、数値化することや、薬の血中濃度などを測定、計算して治療効果を高めることなど、臨床の現場でできることもたくさんあります。

実験室内にとどまらず臨床の現場に目を向け、科学者および医療従事者、両方の立場に立って物事を見ていくことが、薬剤師が研究に関わる上で大切なことであり、長所でもあります。