Home > 事務作業

事務作業

いくつかの調剤薬局では薬剤師が、処方せんに書かれている薬の量や飲み合わせのチェックや処方医への問い合わせをします。普通は事務の仕事ですが、薬剤師にやらせているそうです。

また、調剤事務の仕事は、処方箋の受け取り、初めての来局か再来かの確認、処方箋の有効期限の確認などです。新患の患者さんには、カルテを作成します。 再来の受付には、カルテに基づいて、保険証に変更がないかどうかを確認し、変更があれば、保険証を提示してもらいます。薬剤師による確認の済んだ処方箋をもとにコンピューターに処方の入力を行い調剤録を作成します。

薬剤師による服薬指導が終わると、処方箋に基づいてカルテに処方内容を記入します。カルテ記入後、処方内容に従って調剤報酬を計算し、患者さんの自己負担額を清算します。レセプト業務として1ヶ月分の調剤報酬を審査支払い機関ごとにまとめるが主な仕事です。

基本的に事務は、調剤はできません。少しでもそれに関わることは、薬剤師の資格がないと、薬事法違反になることもあります。事務員なのに、調剤に関わる仕事内容ばかり強要されるなら、調剤薬局事務のキャリアがあるなら他所に転職することをおススメします。