Home > 疑義照会

疑義照会

薬剤師は、調剤をするのが仕事です。調剤とは、医師や歯科医師から出された処方箋に基づいて薬を調合する仕事です。その処方箋で確認すべきことを医師や歯科医師に問い合わせするのが、疑義照会です。薬剤師がお薬の専門家として知識を持っているからこそできる仕事です。

具体的にどのようなことかというと、薬の量が不適切だった場合の確認があります。通常の量と違う場合、本当にこれでいいのか確認します。医師が量を書き間違えているケースもあれば、患者さんの特殊性から一般とは、違う使い方をすることもあります。

一般と違う使い方の場合は、お薬を患者さんにお渡しする時に説明しなければならず、単純に「あっ、これは、先生が書き間違えたんだな。」とは、判断できません。法律上も医師や歯科医師の指示のもと、調剤できるのが薬剤師となっています。そのため、処方箋を書いた医師に直接問い合わせるのは大切なことなのです。他にも患者さんが2箇所以上の病院から処方箋を薬局に持ってきた場合の薬の重複も医師に確認します。

患者さんの安全のために重要な仕事なのです。