Home

薬剤師とは

薬剤師とは最近よく目にしたり耳にしたりすることが増えてきた職業の一つですが、その仕事内容をしっかり説明できる人は意外にもあまりいません。一般人にとって親しみやすい薬剤師というと、ドラッグストアで働いている人が挙げられます。ドラッグストアではいろいろな物を売っていますが、薬は普通の店員が売ることはできないからです。また、市販薬を買いに来るお客さんのために、薬に詳しい専門職の人が一人でもいると、安心して誰でもドラッグストアで薬を買うことができて便利です。

それから、病院やクリニックなどの近くに必ずと言っていいほど、調剤薬局などがあるはずです。こちらで働く人の中にも薬剤師がいます。そうしないと薬を処方することができないからです。

飲み合わせによって重篤な状態となってしまうこともあるため、患者一人一人に適切な薬を処方する必要があります。医師の処方箋を元に処方することになっていますが、患者の症状を聞いて親身になってくれるところも安心できる存在です。

薬剤師のイメージ

薬剤師のイメージは人によって違うかもしれません。誰もが知っていることとしては専門職となることから、資格試験を受ける必要があるということです。また、資格を取得しないことには、薬剤師として働くことができません。そのため、お堅いイメージを持っている人も多くなっています。

ところが、最近では近所のドラッグストアで働く薬剤師も増えてきていることから、そのイメージも一昔前に比べると随分変わってきています。訪れる人の症状に応じて親身になって対応してくれるため、とても優しくて便りになる存在と思っている人も多くなっているはずです。
特に、ドラッグストアは老若男女が訪れる場となっているため、対応のいい人ではないと務まりません。対応が良ければリピーターも自然と増えてきます。

一般的な調剤薬局などに勤めている場合でも、対応の良さがいいと評判になります。誰もが不安な気持ちで調剤薬局に訪れるため、柔和な人ではないと安心して薬を処方してもらうことができないからです。

薬剤師の就職先

薬剤師の就職先というと、薬局のイメージが強いですが、それだけではありません。製薬会社、病院の他に医薬品情報を発信する会社があります。また、情報処理技術に長けている方であれば、医療情報システムの会社もあります。

これらは、業務内容にかなりの違いがあるため、薬剤師として何がやりたいのかに大きく関わります。調剤業務をやりたいのであれば、保険調剤薬局で働くのが一番です。ここでは、患者さんへの服薬指導もあるので、人と接したい、患者さんの役に立ちたいという方に向いています。同じ薬局でもドラッグストアの場合は調剤業務はほとんどありません。ここでは市販薬に対する知識、アドバイスが必要です。

また、病院の薬剤師となると無菌製剤処理など高度な調剤技術が求められます。そのほか、医師とともに医療安全管理の仕事にも携わって行きます。

製薬会社では、研究開発もあれば、MRといった営業の仕事もあります。このように働く場所で大きな違いがあるため、薬剤師としてどう成長したいかが鍵となるでしょう。

医師の転職にぴったり【http://www.dr-10.com/